苦手克服の意識と解決法

数学の苦手を克服するには地道な訓練を必要とするため、途中で挫折するものが多い。プログラマーも同様であり、数学苦手を克服するものの失敗する者は少なくない。それでもプログラマーとして仕事に勤めているエンジニアは、いずれソフトウェア開発の仕事の中で数学の知識を使わなければならない場面もあり、苦手を克服する心構えが必要になる。そこで数学の苦手を克服する決意を固め勉強する意欲を持つなら、数学の勉強会に参加するという手段がある。数学に強い興味を持っている人や、数学の苦手を克服したいと考えている人たちが集まって勉強会が各地で開かれている。一人で孤独に数学の勉強を続けるよりは、周囲に同じく数学に打ち込む仲間がいた方が勉強の継続に役に立つ。

また勤務先で同じく数学苦手としている同僚と協力して、定期的に勉強会を開くのもよい。仲間が身近にいて互いに協力し合った方が勉強の効率は上がり、苦手が克服できる可能性が独学よりも確実にアップする。そこでプログラマーが勤務している職場で勉強会の開催について提案してみると、意外と周囲には数学の苦手意識を持ち悩んでいるエンジニアが多いかもしれない。勉強会を開くには集合できる場所が必要であり、職場であれば従業員が自由に使える会議室などが活用できる。また事情を勤務先の関係者に話し、数学苦手を克服する決意を知ってもらうと心構えに理解が得られ、勉強会を開ける場所を提供してもらえるチャンスもある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です